奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » Archive: 3 月 2012

14級9号:頸椎捻挫(40代男性・茨城県)

【事案】

正面衝突の事案。

【問題点】

相手方共済の誠意の無い対応により戦争状態に。相談前の通院状況・医療機関の姿勢が損害賠償の視点ではマイナスポイントだらけ(自覚症状の記載が甘い、訴えたはずの症状がカルテに記載されていない、中断を治癒と書いてしまう、MRI不要論、など)。通院日数が全部で20日程度と極端に少ない点がどう評価されるか。

【立証のポイント】

戦争などどこ吹く風。やるべきことをやれば大丈夫、後のことは認定を受けてから考えましょう!と全体をクールダウンさせることを意識して行動した。専門医の紹介と、これまでの通院先の記録を(間違い→事実)に修正、この2つを同時進行。3テスラMRI(実際には数値よりソフトや技師の技量が重要)で画像所見を確保し、詳細な神経学的検査と医師の意見を統合して後遺障害申請。

(平成24年3月)

14級9号:頸椎捻挫(30代女性・茨城県)

【事案】

正面衝突の事案。

【問題点】

相手方共済の誠意の無い対応により戦争状態に。相談前の通院状況・医療機関の姿勢が損害賠償の視点ではマイナスポイントだらけ(自覚症状の記載が甘い、訴えたはずの症状がカルテに記載されていない、中断を治癒と書いてしまう、MRI不要論、など)。

【立証のポイント】

専門医の紹介と、これまでの通院先の記録を(間違い→事実)に修正、この2つを同時進行。3テスラMRI(実際には数値よりソフトや技師の技量が重要)で画像所見を確保し、詳細な神経学的検査と医師の意見を統合して後遺障害申請。

(平成24年3月)

14級9号:頸椎捻挫(40代男性・大阪府)

【事案】

自動車運転中に追突されたもの。

【問題点】

整骨院が治療先の主であったこと、保険会社から弁護士対応をされていたこと。

【立証のポイント】

神経学的検査所見、画像所見、自覚症状を整合性をもって後遺障害診断書に落とし込んだ。

併合14級:頸・腰椎捻挫(30代男性・茨城県)

【事案】

追突事故による頚・腰部捻挫。前回の事故の治療中に新たな事故受傷をしてしまった異時共同不法行為の事案。

【問題点】

整骨院中心の通院であったために後遺障害診断書の作成が出来る主治医がいない。画像所見は得られていないものの神経学的所見と自覚症状に整合性が見られるだけに、的確な診断力のある医師のサポートが求められる。

【解決のポイント】

奥の手である専門医の紹介を行う。神経学的視点で全体をまとめあげる専門医ならではの診断書で被害者請求。併合14級の認定となる。

(平成24年3月) 

被害者と事故現場を確認調査

2012/03/08

T字型交差点で、一時停止標識は無く停止線表示のある突き当たり路(T字のの方)から直進車線(T字のの方)に左折進行しようとしていた被害車両に、直進車線から突き当たり路に右折進行してきた加害車両が正面衝突した事故で、ともにセンターラインの無い同幅員の対向道路でした。衝突地点は、突き当たり路にある停止線から60cm位越したところで、停止線から発進した被害車両が右折して来た加害車両に驚き急ブレーキを踏んだ地点でした。事故原因は、加害車両の早や回り右折で、被害車両の走行車線上であることは確認されました。過失割合は、賠償金に大きく影響されますので、事故現場を再確認する必要があり、私は追突事故以外はできる限り依頼被害者と同行して事故現場を確認するようにしております。

警察官の失態

2012/03/07

大阪府警の警部補(係長)が飲酒運転の捏造で検挙された事件が報道されております。ビール1缶を2缶飲んだようにして、飲酒検知測定器からの検知結果(記録紙)を偽造したというものです。検知は面前で検知されその結果は取り締まり警察官が検知された者に確認させます。このときあらかじめ用意された偽造検知結果記録紙を確認させられたようですが、実に信じがたい出来事です。これが事実であるのなら、この件のみだけではないと思われますが、この報道が間違いであることを念じてやみません。

飲酒検知では、呼気を袋様なものに吹き込みこれを機械に設定して検知されるのと、飲酒検知管という管をとおしてポンプ用なものに設定して呼気を管に吸い込みアルコール濃度を測る方法とがあります。後者の方法は、90秒90秒と二回に分けて呼気を吸い込んだ後、呼気を吹き込んだ袋をはずして、空気を90秒吸い込んで検査されますので、飲酒検知されることがあったら忘れないで下さい。

何故、初めから被害者請求を裁判所基準で請求してくれなかったのか・・・?

2012/03/06

弁護士から依頼の交通事故被害者でしたが、被害者請求から後遺障害等級を獲得し自賠責後遺障害損害金を受け取った後しばらくして 「なんで、裁判所基準の額で請求してくれなかったのか。」 と声を荒立てて言ってきました。聞けば、被害者の知人が 「自分はそうして、初めから裁判所の基準額を受け取った。」 と言ったことに憤慨して私にその矛先を向けてきたのでした。交通事故の示談の経緯については、理解できるように再三再四説明してきたつもりでしたが、結局何も理解されていなかったのだと痛感しました。仕方なく何度も説明し直しましたが、結局,当人が自ら 「保険会社に確かめてみる。」 ということで落ち着きました。しかし自賠責損害金獲得後、手のひらを返したような当人の態度には多少の疑問を持ちました。

示談に至る経緯は、保険会社と直接交渉する前に、症状固定診断を受け、その診断書を添えて被害者(自賠責)請求して、後遺障害の等級審査を受けます。審査され等級が出て初めて示談金額が設定されるのです。裁判所基準は、被害者請求しで自賠責後遺障害の等級を得て審査されるもので、何を基準にして初めからなのか判りませんが、「初めから裁判所基準で・・・・!」 ということはないことを理解して下さい。 因みに、この方から私への支払いは未だになされていません。

異時共同不法行為

2012/03/06

追突事故で受傷し、頚部捻挫で治療中に再び追突事故を受けて、同じ部位を受傷した状況を異時共同不法行為と言います。

この場合は、二度目の交通事故を受傷した時点で、一度目の傷害部分の請求は完了して、新たな治療費、休業損害、通院交通費、慰謝料の傷害部分の損害は、二度目の事故の保険屋さんが引きつぎます。

二度目の事故受傷から6ヶ月を経過した時点で、後遺障害診断を受け、二つの自倍に請求し、等級が認定された場合、被害者年齢55歳未満であれば、二つの自倍会社から後遺障害保険金が振り込まれます。

実況見分書(事故現場図)の不備

2012/03/05

先日、弁護士から相談があり、現在裁判中の交通事故で、保険会社から提出されている実況見分書の不備を指摘されたということでした。その見分図を拝見して一点指摘をしましたら、「裁判官に同じことを言われた。」と言われ、事件の概要を説明されました。保険会社は、保険契約者が交通事故を起こせば、その大半の事故の調査を「調査会社」に依頼します。多くの調査会社は、損害保険調査員を応募し、研修を済ませ、その調査員を年間契約調査員として契約し、保険会社から依頼された案件を研修後の調査員に請け負わすのです。交通事故の調査は、○事故当事者双方への面談(2名) ○現場調査(実況見分書作成) ○警察への調査で通称4点セットと呼ばれ、その調査報酬は、調査の中で一番安いのです。それに、その調査員のほとんどが、私(元大阪府警)のように仕事で実務経験をしていた、ということの無い方が多いので、「安い!」「実経験・実体験が無い」ということから、「問題点の追求」の不備が多いのです。私は、調査員時代、実に雑な調査報告書をよく見てきました。過失割合に問題があるときは、現場を再調査する事も必要です。保険会社の実況見分調書を鵜呑みにしてはいけません。このような事は警察の実況見分調書にも時折見受けられますので要注意です。

併合14級:頸・腰椎捻挫(30代男性・茨城県)

【事案】

追突事故による頚・腰部捻挫の事案。

【問題点】

特に損害賠償のことを意識せず症状固定直前期まで来てしまったものの、症状が改善しない。強烈な治療打ち切りの打診を受けている。このまま後遺障害診断書を作成してもらって大丈夫なのだろうか?

こうした状況で行政書士やNPOが普段から懇意にしている医療機関を紹介することは簡単だが、「症状固定直前期になぜ医療機関を変えるのか?」 不自然極まりない行動となるため、紹介は最終手段として温存、これまでの主治医を中心に据えることを前提として、満点の後遺障害診断書を入手することを目標に行動開始。

【解決のポイント】

君は誰だ!?行政書士による医師同行の際、怒られながらも、検査して欲しい最低限のポイントだけは何とか押さえてもらうことが出来た。怒られ慣れている成果である。他、ある程度経験を積むと見えてくる「付け足すよりもそぎ落とす」感覚で、結局のところ本件被害者が一番辛いことは何なのか?一点突破での認定を目指し、問題なく併合14級が認められた。

(平成24年3月) 

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab