奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 出来事, 業務日誌すべて » 被害者と事故現場を確認調査

被害者と事故現場を確認調査

2012/03/08

T字型交差点で、一時停止標識は無く停止線表示のある突き当たり路(T字のの方)から直進車線(T字のの方)に左折進行しようとしていた被害車両に、直進車線から突き当たり路に右折進行してきた加害車両が正面衝突した事故で、ともにセンターラインの無い同幅員の対向道路でした。衝突地点は、突き当たり路にある停止線から60cm位越したところで、停止線から発進した被害車両が右折して来た加害車両に驚き急ブレーキを踏んだ地点でした。事故原因は、加害車両の早や回り右折で、被害車両の走行車線上であることは確認されました。過失割合は、賠償金に大きく影響されますので、事故現場を再確認する必要があり、私は追突事故以外はできる限り依頼被害者と同行して事故現場を確認するようにしております。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab