奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 出来事 » うつ状態交通事故被害者来館

うつ状態交通事故被害者来館

2011/05/08

 20歳の女性で、知人の車の後部席にいた時出合い頭の事故に遭い、当人だけが後遺障害症状に苦しんでいるとのことでした。自覚症状は、偏頭痛・眩暈・耳鳴り、頚部痛で整形へ通院していながら、「評判の良い整体等」へ何ヶ所か通ったのですが、症状は変わらりませんでした。その都度都度、期待して行っていたので、結果が出ないことで失望と不安が重なり、その上、同乗者等は何ら障害が無かったことが重なり「自分だけが・・・」と、精神的に追い込まれ「うつ状態」になったという経緯でした。この女性は小柄な普通の体格をしていましたので、施術は楽でした。頚椎の1番2番がずれていて、私の指先にやはり小粒の豆状のしこりがあたりました。その部位を動可して回復しましたが、昨今の女性の姿勢があまりにも悪くなっていますが、当人も同様でしたので、脊椎全体を矯正し、腸骨、仙骨をも矯正しましたら見違えるようなプロポーションに変身しました。当人は大喜び、付添っていた父親はびっくり仰天。しかしこの女性に、この後いやな思いをさせられました。このことは、又後述します。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab