奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 出来事 » 一瞬の出来事

一瞬の出来事

2011/06/10

私が制服勤務をしていた頃、歩車道の区別のある歩道(自転車道)を自転車で走行していました。マンション駐車場出入り口前に来たとき、同出入り口から車が出てくるのを感じました。瞬間、私は、両足を引き上げ両手でハンドルを支えて上に飛び上がりました。自転車が車にあてられるのを感じ私は宙に浮いて歩道から車道へ落ちていくのが判りました。その時「私は死ぬのだな!」と感じていました。車道に落ちていく一瞬の間(1~2秒)中で、母親の姿や顔、妻や子供たちの姿や顔等々が走馬灯のように現われていました。同車道は、非常に交通量が多いところなのですが、私のその車両等の狭間にお尻から落ちました。無意識に後方受身をしていたのです。このときの走馬灯は死の直前の景色をだったのでしょうか。話は落ちますが、救急病院から署にに戻ってきたとき、直属の上司であった藤本○○警部補が、「すぐに示談をしろ!」と言って周りを白けさせていました。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab