奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 出来事 » 膝の手術を迫られています!

膝の手術を迫られています!

2011/07/02

63歳の女性が、両膝の手術を迫られていると、訪問されてきました。「膝のクッションが磨り減っていて、関節がずれている。」と診断されたとの訴えで、現在は痛み止めのため、週に1~2度膝にヒアルロン酸を注入している状況でした。何とか電車を乗り換えてきて来られましたので、それほど症状は深刻なものではないと判断しました。椎間、股間、膝関節を概括的に矯正し炎症部を除去したら、左膝関節の内側のみ痛みが残りました。よって左下部腰椎を動可しましたら問題は解消されました。同女性は頚椎、胸椎、腰椎、腸骨、膝関節に変位があり年齢的には仕方ない事ですが、主な原因は下部腰椎の変位からでした。ひざが痛い、膝が曲がらない、座れない等の主な原因は膝関節の変位ですが、元の原因は下部腰椎にあることを注意してください。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab