奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 出来事 » 症状固定って何ですか?

症状固定って何ですか?

2012/04/04

私が大阪市内にある実家に帰っていた時、実家近くに住んでいる主婦の方からの相談でした。自転車に乗っていて自動車にあてられ転倒6ケ月通院したが、保険会社から治療費を打ち切られ、示談金額を提示された書類を送ってこられた。保険会社からの免責証書に記名捺印して送ったが、意味も分からずどうしていいのかわからない、と言うことでした。お話しの中で、症状固定ってなんですか?という言葉が出てきて、この方、症状固定診断をされないまま保険会社に示談を求められたいたのです。ただちに送付した免責証書の返還を求め、症状固定診断を受けるようにアドバイスしました。後日、診断書および診断明細書を拝見させていただきましたが、14級の後遺障害は認定される内容でした。

このように、被害者が症状固定を受けず事故の示談をしてしまうケースは、非常に多く、知らずに行けばただそれだけのことですが、のちに症状固定を受け後遺障害の獲得をすれば、示談金に大きな差があることに気づけば、非常に悔しい思いがされるはずです。すべての保険会社が、症状固定を告げず示談を迫るというわけではありませんが、たとえ、保険会社から症状固定診断書が送られ、診断書を作成してもらっても、この場合は、保険会社に委ねることなく行政書士に相談して被害者請求をされ、後遺障害等級を獲得することをお勧めします。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab