奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 保険 » 過失割合によっては減額(重過失減額)!

過失割合によっては減額(重過失減額)!

2011/07/21

損害保険料算出機構で、「事故発生状況報告書」をもとに、責任の有無や双方の過失の割合が判断されます。被害者の過失が70%未満であれば減額なしで計算されますが、被害者に70%以上の過失があるときは保険金がカット(重過失減額)されます。

○後遺障害・死亡事故では, *70%以上80%未満20%減額、  *80%以上90%未満30%減額、    *90%以上50%減額

○傷害事故の場合は、20%減額が上限

となります。以上のように、被害者の過失の割合によって、支払率が決められています。

又、後遺障害や死亡事故との因果関係がはっきりしない場合は、50%が減額されます。

例外として、死亡・後遺障害を伴わない軽い怪我の場合は、損害額が20万円以下の場合に限り減額されません。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab