奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 保険 » 被害者が未成年の場合

被害者が未成年の場合

2011/08/01

被害者の年齢は、被害者請求時の年齢を基準とします。

請求時に被害者が20歳未満の場合、法定代理人(親権者)からの請求になります。例えば、親が請求する場合は、戸籍謄本(抄本)かあるいは住民票が必要になります。

親権者が死亡している場合は、同居の親族雇用主が請求者になります。

例外として、被害者が未成年であっても結婚していれば成人として扱われ、本人請求できます。但し、結婚している証明として戸籍謄本が必要になります。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab