奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 雑談 » 芹沢鴨

芹沢鴨

テレビ番組で、新撰組血風録は放映され、仁が放送され、幕末の歴史上の人物が次々と現れてきています。先日、新撰組初代局長芹沢鴨が斬られてしまいましたが、彼は剣の達人であり尋常では彼を斬ることができない事から、寝所を襲われ断命したともいわれていますが、その内容は明らかではありません。芹沢鴨という人物は、神道無念流の達人でしたが、粗暴な性格で無抵抗な者までやたら人を斬ったと言われている。もともと神道無念流は、”力の剣法”といわれ、強引なまでに打ち込んでいくのがこの流派の特徴といわれています。竹刀なども重いものを用い、「略打」でなく、したたか「真を打つ」のでなければ、技ありとしない。「載せるだけでは斬れぬ」というのです。だから、防具も皮革を使い、堅固に作って、打たれても負傷しないように配慮されていました。芹沢鴨の剣法もそんなものだったのでしょうが、弱い者いじめに終始したらしい。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab