奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 雑談 » 二本足歩行と背骨のゆがみ

二本足歩行と背骨のゆがみ

人間の背骨は、正面から見るとまっすぐですが、側面から見ると美しいS字カーブを描いています。人間は、四足歩行から二足歩行への進化によって自由に使える両手と広い視野を得、それにより高い知能などを獲得しましたが、その一方で重力という負荷を背負いました。背骨がS字に曲がっているのもこの重力に抵抗するためなのですが、二足で歩行するためには進化しききれていないといわれています。ただ歩いているだけでも背骨に大きな負担(重力)がかかり、長時間、同じ姿勢を続けていると身体のゆがみが起こるのを実感されていると思います。スポーツも身体の特定の部分だけを酷使するとひずみが生じます。さらに、思いがけない転倒や事故、精神的ストレスやショック、過度の緊張、薬の濫用、かたよった栄養、出産、肥満なども背骨のゆがみを起こさせる原因になる事もあります。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab