奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 雑談 » 端正なる正座

端正なる正座

 正座とは読んで字のごとく、正しく座るということです。                                         

 ○背骨を伸ばして腰を割れば自ら丹田も充実し、落ち着きもできる。 ○頭は右にも左にも片寄らず前方を向けば頤もひけ     るし目も明らかになる。 ○そして全体をリラックスして無駄な力を抜けば心広く体豊かに悠々の体位がとれる。 そうすればこの正座の姿勢は立てばそのまま自然体となり、竹刀を持てば中段の構えとなります。

                                                                              

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab