奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 雑談 » 稽古の礼

稽古の礼

剣道とは竹刀を持って攻防を修練し、有形の技をもって無形の心を正し、その正した心を実社会に展開するものです。

日本の武道や芸道では、練習とは言わないで稽古と言いますが、稽古の「稽」は考えるということで古きを考え、やったあとを反省しながら修行するということです。

したがって剣道では「打って反省、打たれて感謝」であり、打っても打たれても自ら反省し、感謝しながら修行を続けなければなりません。したがって稽古中に非礼な態度や横暴な言葉使いなどは厳に慎まなければなりません。

あらゆる武道において相手を尊敬することとルールを厳守することは一番大事なマナーであり、これが基本的な礼法なのです。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab