奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 雑談 » 三段の用(指導者の礼)

三段の用(指導者の礼)

剣道指導の教えで、「用」とは外に向けての働きであります。

「はじめはほぐし」「中程はくるしめ」「最後はおさめる」というやり方で、最初は相手に打たせて気分的にも技術的にもその硬直をほぐし、その次には大いに鍛え、大いに苦しめ、最後にいいところを打たせて全体を整理して納めるというやり方です。

相手を尊敬し、相手を楽しませながらやらせる指導者としての下段者に対する「礼」なのです。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab