奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 雑談 » 剣の四戒(人生の四戒)

剣の四戒(人生の四戒)

恐・驚・疑・惑を剣の四戒とも四病とも言われますが、これはまた人生の四病でもあります。剣道で負けるのは皆この四病のなせる業でありますが、この病原を摘抉しなければ快適の試合もできなければ立派な剣道にもならないのです。

相手を恐れることで「あれは強い」「あれは小手がうまい」などと戦う前から相手の得意技や戦歴に恐れをなすことです。

剣道では「勝って而後(じご)戦う」という教えがあります。試合をして勝つのではなしに試合をする前から相手を気で制して勝つ心構えが大切だということを教えています。

平常心を失ってあわてることですが、剣道ではとっさの攻め、あるいは鋭い担ぎ技などにははっとたじろぐことです。

稽古を積んで内容が充実していれば、少々のことに驚くことはありませんが、技が未熟で心の修行が足りない者は相手のちょっとした動きにもはっと驚き自ら墓穴を掘ることになるのです。

「はっと驚いてはいけない」ということと、常に研学の心境を学ばなければなりません。

相手の心や行動を怪しみ自分の心が定まらないことです。剣道で相手の構えに隙があれば、わざと隙をみせてあとを打つのではあるまいかと疑い、相手が難剣であればどこから打ってくるのであろうかと攻めの手口を疑い、結局は心の迷いばかりで自分の信念の刀がなかなか振るえない状態のことであります。

世の中すべてが先・断・残の三ウン一味であり、先の気が整ったら躊躇なく一刀両断の信念の刀を振るわなければなりません。

「狐疑心」というのは、狐は一目散にに逃げれば逃げおおせるものを、必ず一度立ち止まって後ろを振り向く習性があるそうですが、猟師はその振り向くところを狙って狐をしとめるということです。

剣道でも思い切って面を打ち込めば打てるものを、出小手を打たれはしないかと途中で疑えば、それが「狐疑心」であり、そこに隙を生じて逆に打ちこまれるのです。

勘は冴えた心境にひらめくものであり、疑は濁った心に湧く迷いなのです!

いろいろと迷い決断のつかないことです。剣道で若いうちは試合の名手と言われた人がさっぱりあたらなくなることがよくあります。慢心したわけでもなければ稽古を怠けたわけでもありません。それでいてどうにも冴えないし、今まで勝っていた人たちにまで負けるようになることがあります。それはやっているうちにだんだん剣の理が分り、ああすればこうだ、こう打てばそうされるという剣理のよみができ、それが迷いとなり惑いとなって打つ太刀を引き止め、攻撃のブレーキになるからです。

最初は勘の命ずるままに打って何の迷いも無かったものが、なまじ剣の理が分ると、それが惑いとなって逆噴射を起こすことになるのです。しかし、これは上達の過程であって、やっているうちに今度は剣理に基づいた正しい打法に帰ってくるのです。こうなれば迷いもなく、惑いもなく剣道本来の姿に帰り技心ともに向上することになるのです。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab