奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » 雑談 » 流儀、流派

流儀、流派

剣道には多くの流儀、流派があり、幕末には五百余流の多きを数えたと言われますが、その中にはほとんど同形のものも多く、示現流とか柳剛流のような断然たる特異性を持ったものは少なかったのです。

流儀の流とは水の流れてやまざるごとく、下へ下へと伝えくだるものなりと言われますように、元は一つであり、下に行くほど支流ができ、分派を生じて、しだいにその数を増したものです。そしてその流名の出所はだいたい三つの原点を持ち「流祖名」「理念」「地名」に基づくものが多いのです。

昔から関東七流・京八流と言われますが、関東七流は鹿島香取の剣であり、京八流は鞍馬流であります。関東は鹿島香取から起こり、関西は鞍馬流から発しています。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab