奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » お知らせ, 出来事 » 心に残る一本!

心に残る一本!

2011/06/09

 触刃の間から交刃の間に詰め寄り、双方打ち間で鎬を削る攻防となる。出さして打つか、割って入るか、それとも!。常に私はこの状況からの打ちをテーマとして稽古をしています。打って勝つのではなく、勝って打つことが求めるテーマなのです。師との交刃の間から鎬合いのなか、師からの気の圧力に対して決して気持ちが退いてはいけない、攻めなければいけない。心の中は、いつもこのような格闘をしています。先日(6月6日)、師との稽古の中で私は力みなく素直に立っていて、竹刀は握るでもなく握らないでもないようにして構えていました。交刃の間からの攻防の中で攻め込む瞬間を感じ、上体を残したまま体全体で気攻めをしましたが、まったく力みがありませんでした。1cm位の詰めでしょうか同時に剣先を少し、これも1cmくらいでしょうか右に開きました。その瞬間、師の手元が浮いたのです。瞬間私は師の面を捉えていました。自身が仕掛け師の面を捉えるまでその瞬間は、とても長くスローモーションのような印象が残りました。そしてはっきりと脳裏に焼きついたのです。私が目指しています「見て打つ」のではなく「感じて打つ」ことが初めて実現した一瞬でした。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab