奈良の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。西森行政書士事務所

HOME » お知らせ, 出来事 » 症状固定診断書に不記載?

症状固定診断書に不記載?

2012/04/05

交通事故で受傷して以来、右腕があがらない、と相談されてきました中年女性の肩の可動域が健側に比べると二分の一以上四分の三以下に制限されていました。事故から10ヶ月以上経過しており、頸椎捻挫で14級の後遺障害を受けていましたが、症状固定診断書には、肩の打撲の治療していたにもかかわらず、症状名に記載しておらず、肩の可動域も記載されていなかったのです。診断書には、6ケ月間、頚部と肩の治療がなされ、診断中止のため症状固定と記載されていました。肩の可動域が制限されていることから、腱板を損傷されていることも考察されましたので、専門医の診断を受けることをお勧めしました。

お問い合わせはこちら

近畿(大阪・奈良・京都等)の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい

西森行政書士事務所
行政書士 西森 広次
所在地  奈良市大宮町4-270-4-605
MAIL info@jiko110-nishimori.com
TEL 0742-35-3507 / FAX 0742-35-3507
相談時間 月~金 9:00~18:00 (土日祝休)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab